top of page
最下位転落

 2023年6月13日、埼玉西武ライオンズが最下位に転落しました。5位の東北楽天ゴールデンイーグルスに3ゲーム差と、早くも独走態勢の構えです。今年は最下位の可能性もあると思っていましたが、想像していたよりも悪い状況に見えます。好調だった4月から一転、1点を取るのにも苦労しています。7連敗も、最下位も仕方なく思えます。

 

 松井稼頭央監督の野球は面白くありません。夢がない。開幕当初から松井監督の選手起用には不満がありました。私とは好みが合いません。勝っているうちはいいけれど、負けが込んだことで松井監督への不満が高まっています。打撃に期待できないのは仕方ありません。実力のある選手が育っていないのですから。最大の不満は、ベストを尽くしているように見えないことです。

 

 2番打者の起用法からも、松井監督はバントが嫌いなようです。バントをせずにダブルプレーの山を築いてきました。最近、急にバントをし始めたけれど失敗続き。牽制でアウトになるのも多いし、盗塁失敗も多い。なぜか、打率が1割台の選手を1軍に置き続ける。控えで1番打率の高い平沼選手を代走に使ってしまう。「もっと、やりようがあるだろう」と思う試合が多くあります。

 

 成長の見込みのない年齢の選手より、成長の見込みのある若い選手を起用して欲しい。成長という未来への希望があるからです。希望があるとすれば、渡部健人選手の覚醒の可能性。なんとなく、爆発力がある気がします。中村選手や山川選手に続く大砲になる気がします。これしか、楽しみがありません。それだって、中村が怪我をしてのやっとの1軍起用なのだから…

2023年6月19日

bottom of page